愛知県一宮市に、2009年1月にオープンしたイタリア料理店「BELCORNO(ベルコルノ)」。
2011年4月、装いも新たにリニューアルオープンし、ますますパワーアップ。
そんなベルコルノの、お客様をおもてなしする舞台裏の日常を綴るブログです。


本格ナポリピッツァとパスタの、イタリア料理 BELCORNO(ベルコルノ)
愛知県一宮市住吉2−9−2
Tel : 0586-52-3567 Open : 11:00〜23:00
 無休(年末年始等除く)
 E-mail : info@belcorno.jp
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# イタリアフェア出店
 


今週末の10/29(土)、10/30(日)に、


一宮市本町商店街(七夕祭りをやるトコ)で、

まちこん一宮主催、「イタリアフェア」 が開催されます


30日の日曜日には、スイーツフェアが行われ、

歩行者天国になるアーケードには、

一宮を中心としたエリアの有名スイーツショップが数多く出店を出すことになります。


そんな中、当ベルコルノが経営する


パンナコッタ専門店 「ドンナパンナ」 も 出店致します^^



お祭り大好きな僕としては、



もう物凄く楽しみなイベントです


当日は、お菓子で作った138タワーや、スポーツカー(フェラーリ?)も

展示されるそうですよ



これは! 見に行かねば!!!



・・・て、僕はお店でお留守番営業なんですけどね〜


会場でパンナコッタをお買い上げ頂いたお客様には、
ベルコルノで使える 「ヒミツの特割クーポン」を配布する予定です



是非是非、GETして下さいっ♪^^



今週末は、一宮駅東側の、本町商店街に Go


                        (店長 伊藤)






| comments(0) | trackbacks(0) | 18:43 | category: ドルチェ |
# 坂本様ウェディング 〜 ダッフィー&シェリーメイ 〜


9月25日、

坂本様ご夫妻のウェディング2次会が、当店で開催されました



ウェディングケーキは、


新婦さんも好きなディズニーキャラクターにちなんで、ダッフィーとシェリーメイ






最後にみんなで 「まるまるもりもり」 を踊る、


あっとホームな雰囲気の、とても和やかな2次会でした



どうぞお幸せにッ




                           店長  伊藤
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:54 | category: パーティー |
# ラフマニノフ♪
今日も、ドルチェプレートのお話。

本日ご予約は、大治中学校の音楽の先生。

第一回、定期演奏会の成功を祈願してのお食事会です♪


ドルチェのテーマは、演目である「セルゲイ・モンタージュ」から取って、
「ラフマニノフ」です(^−^


「セルゲイ」というのは、作曲家「ラフマニノフ」のファーストネームなんですね。


で、、、色々考えた挙句、


まずは、ラフマニノフの一番有名な曲である、

「ピアノ協奏曲 第2番 」 の第一主題を、お皿に書いてみました。

こんなかんじ。




楽譜の最後の部分で、フェルマータ2つとスラーで、
顔を表現したのがポイントですね。



で、






続いて、ケーキを11cmの長さにカットして、「Vサイン」。


この 「11cm」 、実はラフマニノフの人差し指の長さなんです。。。

超絶技巧曲と呼ばれる作品群は、この長い指から生まれたんですねー。


ということで、「ラフマニノフのVサイン」を置いたら・・・





あとはまぁ、こんな感じに(笑。



大切なひとに。
応援したい人に。
ありがとうを言いたい人に。



特別な想いを乗せた、オリジナルのデザートプレート。


ご注文、お受け致します。(^−^


条件は3つ。

店長のセンスに文句を付けない(笑
出来る限り、その想いやストーリーを教えて下さい。
 出来れば・・・アイデアを練るために、お早目のご注文を・・・(笑


伊藤でした(^−^



(店長 : 伊藤 )






| comments(0) | trackbacks(0) | 19:58 | category: ドルチェ |
# Thank You Paul ♪
ウチのご常連のお客様に、


英会話をされているお客様がおられまして。


外国の方を 連れて来られる時が。




昨日、ランチでご来店。

で、今回連れて来られた ポールくんが、
ハワイに帰っちゃうと。

急だけど、メッセージプレートのドルチェを、とお願いされたので、


とりあえず、チョコペンで下書き。
所要時間2分。





文字書いて、

砂浜と太陽と、ヤシの木書いて。左の方はダイヤモンドヘッド。

ふうちゃんのアイデアで、サーフボードに名前入れて。



で、デザート盛りつけ。3分。






ごちゃごちゃしちゃった(苦笑


一応、青いゼリーは海。
山口のアイデアで、ビスコッティ(クッキー)を砕いて砂浜。
パンナコッタは波頭。


青いシロップは空です。


一応、ランチのバタバタの中で、みんなでワイワイやりながら完成した一皿。


その気になれば、5分あれば結構出来るもんです(笑



(店長: 伊藤)
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:46 | category: - |
# HAPPY WEDDING♪

 
先週末のウェディングパーティーのケーキ(の土台)です☆
 
ディズニー好きにはたまりませんね(^∀^)
Image018.jpg

この日は、50名ほどの方が参加され、ビンゴ大会など楽しく和やかに開催されました。

私もいつかと願いながら、一緒に幸せな時間を過ごさせて頂きました

新郎新婦さん、いつまでもお幸せに


(あっちゃん)
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:36 | category: - |
# パンナコッタ 〜パンナコッタ専門店 〜
そんなこんなで、パンナコッタの専門店をやってみよう、と。



元々は、インターネット通販用に考えてたんですが、
やっぱり、冷凍じゃなく、生菓子としてのパンナコッタも食べて頂きたい・・・という思いから、
実店舗での販売も行うコトに決めました。


実際立ち上げまでは、色々ありましたが、割愛します(笑


でも、「やる」と決めてからは、早かったです。
営業許可の申請から1カ月かからずにオープンに至りましたから。



フレーバーは、10種類を用意しました。


店名は、

「 ドンナ ・パンナ 」(Donna Panna)。


イタリア語で

Donna = 女性。(マドンナのドンナと一緒ですね)

Panna = 生クリーム


という意味です。



季節感のあるフレーバーを揃え、女性に喜んで頂けるパンナコッタ作りを。


あとは、10種のフレーバーの中から、「今日はどんなパンナコッタにしましょうか?」



という意味もあります。




                     (店長 伊藤)

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:01 | category: - |
# ぐっさんです♪
皆さんお待ちかねのスタッフ紹介です
 
Image008.jpg
ぐっさんこと、山口ピッツァイオーロ
いつも元気で場を和ませてくれるムードメーカーです!!
 
「ブログに載せたら女の子がお店に殺到するね〜」ってどうだろう?
 
ピッツア作ってる時はカッコイイかもね(笑)
 
まっ皆さん、ピッツア焼いてるとこ、なかなか見れないので興味ある方はぜひ見てって下さいな♪
 
300゜Cの薪窯で焼くので熱気と闘いながらも、愛情を込めて焼いてます
 
「山口くんみたいな息子ほしいわ」と主婦の方から評判が良いみたいです(笑)
最近は少女時代にハマってるらしいよ♪バイトの男の子と語ってますもんね〜。
 
そんなぐっさんの似顔絵書いてみました!!
Image009.jpg
私が入る前のお話しですが、店長と共に夜中、朝方までお店に残ることもあったそうです。。。そんな話を聞いててお店への愛情や店長との絆を感じました
 
そんな頃があって今があるんですね
いつも店長と冗談言いながら楽しくやってますよ♪
皆さんぜひピザ食べにいらして下さい
 
 
(あっちゃん)
 
 
 
 
 
 
 
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:50 | category: - |
# パンナコッタ 〜コースドルチェ 〜
JUGEMテーマ:美味しいイタリアン♪



で、元々ネット販売用に作ったパンナちょこッタだったけど、

ネットだけで売るのはもったいないなぁ、とそう思って。


ちょうど、2周年記念コースを考えてた トコだったから、

そのドルチェに入れたんですね。

パンナちょこッタを。



そしたら、有り難い事に、

チョコ好きのお客様に、ご好評頂きまして、
お持ち帰り出来ないか?というお声も頂けまして。


でも、持ち帰り前提ではもちろん作ってませんから。

そん時は、お断りするしかなかった。。。




この2周年記念コース。

実は、前菜にもパンナコッタを使ってたんです。


一つは、トマトのパンナコッタでした。
それに、サルサ・ヴェルデ(緑色のソース)と、甘エビを合わせて。

さすがにコースに2つの「パンナコッタ」って名前を使うのはどうかと思ったから、
前菜の方は「ムース仕立て」って名前付けてましたが、
実際、作り方はパンナコッタです。


結構このコース自体が反応良かったので、翌月も引き続き販売したんですよ。


内容を変えて。


パンナちょこッタは変更しませんでしたが、前菜のトマトパンナは、
カリフラワーパンナに変えました。

そうすると・・・、ですね。


来月の分を、月末に仕込むじゃないですか。


で、ちょうどメニュー変更のタイミング。その月の最終日ですね。



その時、ランチでは、柚子パンナをやってたんですよね。
で、来月のランチでは、ミックスベリーに決めたんですよ。


・・・だから、冷蔵庫をパカっと開けると、5種類のパンナコッタが入ってるんですよ。


ちょこ。柚子。ベリー。トマト。カリフラワー。


・・・もう、パンナコッタだらけです。


「・・・5種類のパンナコッタが冷蔵庫に入ってるバカなイタリア料理店も、日本中探してもそう無いよなぁ。。。」



ってふと思ったその時ですね。



( ・・・これ、パンナコッタの専門店とかやったら、オモロいんちゃうか? )


と頭をよぎったのは。



                                   ( 店長 伊藤)









| comments(0) | trackbacks(0) | 09:54 | category: ドルチェ |
# 7/13(水)新聞☆
 
皆さん、読んで頂けましたか

7/13(水)の中日新聞の朝刊にパンナコッタの話題で、「けいざい尾張」の記事に載りました

店長の書いたブログ見てても、熱い思いをを感じる今日このごろ。。。

一度食べてみようと足を運んでくださってありがとうございます


実は、恥ずかしながら、私も一緒に写らせていただきました

「パンナコッタに微笑んで」って言われたときは、照れくさかったですけど、カメラ目線の写真でしたね。

いい思い出になるなぁ  新聞記者の谷さんありがとうございました。

ちゃんと切り抜きました


(あっちゃん)









| comments(0) | trackbacks(0) | 22:58 | category: - |
# パンナコッタ Α  ちょっとブレイク 〜
 

ちょっとブレイクします


そもそも・・・


「 パンナコッタ って何!? 」

というお話(笑。




パンナコッタは、

「パンナ(生クリーム)」を「コッタ(煮る)」という意味。


その名の通り、生クリームを加熱し、ゼラチンを溶かして、

冷やし固めたシンプルなデザートです



日本では、「ティラミス」「ナタデココ」に続いて

一躍脚光を浴びました

(その後、「クレームブリュレ」と続くのですが。。。)



ウィキペディアでは、「1994年頃、ブームになった」とされてます(笑。



1994年と言えば、アレですよ! アレ!!!



政界では 羽田内閣、村山内閣!


スポーツ界では、巨人VS中日の「10.8決戦」!

FIFAワールドカップ・アメリカ大会!

リレハンメル冬季オリンピック!


音楽界は

「ロマンスの神様」

「DA.YO.NE」

「空と君のあいだに」

「BOY MEETS GIRL」

「Tomorrow never knows」


芸能界は、

「南くんの恋人」

「家なき子」

「遺書(松本人志:著」


大江健三郎さんのノーベル文学賞受賞も、この年です。


・・・何となく思い出せますか?(笑。

とにかく、バブル終わりのこの頃。



爆発的に流行って・・・


・・・そしてブームが去っていったデザートのひとつです。




・・・ でもね、、、



本国 ・ イタリアでは、 今も昔も、


ずっと大人から子供まで愛される、


「定番ドルチェ」の一つなんです。


そう。 

ジェラートや。

シュークリームや。

プリンと同じ、、、


「定番」なんですよ。



「定番」って何だと思います ?

僕は、2つの側面があるって思ってます。



ひとつは、「基本となるレシピの完成度が高い」こと。


もうひとつは、「色んなアレンジが可能」なこと。




シンプルだからこそ、誰にでも作れる。


シンプルだからこそ、その可能性は無限大。


シンプルだからこそ、作り手の個性が問われる。




だから、イタリアではこういうシェフもいます。


「初めて入った店なら、ドルチェにはパンナコッタを頼むのさ。

 そうすりゃ、その店の味が一発で分かる。」


店の味を象徴する「名刺代わり」のドルチェなんですね



パンナコッタって、実は定番だからこそ、

本来、時代の流行に囚われるようなモンじゃないんです。



長く、長〜〜〜く 、皆に愛されるドルチェなんですよ




良くある質問で、


「要はプリンみたいなもんだよね?」ってのがあります


ここでまとめて、間違えられやすいものと一緒に、ご説明します。



パンナコッタ : 生クリームを加熱してゼラチンで固める。

          ゼラチン(動物性たんぱく質)で固めるため、

          卵は使わない。


プリン     : 主な材料は、卵、牛乳、生クリーム、砂糖。

          材料を合わせた卵液をオーブンで蒸し焼きにし、

          「卵の動物性たんぱく質の熱凝固」で固める。


ババロア   : フランス菓子。液体をゼラチンで固める点など、

           パンナコッタと非常に良く似ている。

          最大の違いは、パンナコッタはあくまで

          「パンナ(生クリーム)」がベースであるのに対し、           

          ババロアは、アングレーズ(カスタード)がベース。

          カスタードベースの為、当然、卵を使う。


ムース    :  泡立てたメレンゲと生クリームを合わせた菓子。

          本来は泡立てて冷やすだけだが、現在では、

          多くはゼラチンで固めてある。

          食感を軽くするため、メレンゲを使っているので、

          つまり、卵を使用している。


寒天     : 植物(テングサ)由来の寒天で固めた甘味。

          動物性たんぱく質を一切使わず作る。
    
          弾力のある食感が特徴。


・・・こう見ると、「固め方の違い」と「卵の使用の有無」が、

他のドルチェとパンナコッタの、決定的な違いと言えるかもしれませんね



                        (店長 伊藤)







| comments(0) | trackbacks(0) | 12:57 | category: ドルチェ |
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links