愛知県一宮市に、2009年1月にオープンしたイタリア料理店「BELCORNO(ベルコルノ)」。
2011年4月、装いも新たにリニューアルオープンし、ますますパワーアップ。
そんなベルコルノの、お客様をおもてなしする舞台裏の日常を綴るブログです。


本格ナポリピッツァとパスタの、イタリア料理 BELCORNO(ベルコルノ)
愛知県一宮市住吉2−9−2
Tel : 0586-52-3567 Open : 11:00〜23:00
 無休(年末年始等除く)
 E-mail : info@belcorno.jp
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「物販」(食販?)始めました ♪ | main | ヴェント(風) >>
# アレルギーに対して思うこと。


「アレルギー」に対して思うこと。

「食」に携わるものとして。
「一児の父」として。



最近、「アレルギー」って、増えてきている気がする。

昔は、そんなに、聞く言葉じゃなかった。

「好き嫌い」と一緒にされてたことすらあったと思う。
実際、僕も昔は、「好き嫌いの言い訳だ」なんて思ってた。


今は、社会の理解も進み、加工食品にはアレルギー物質の表示が義務付けれるようになった。

しかし、一部の大手レストランチェーンを除いて、
一般の小さな飲食店では、アレルギーへの対応が進んでいないのが現状だ。


かくいう当店でも、「メニュー自体への表記」はしていない。
日々移り変わるメニューの中で、そこまでは手が回っていないのが現状だ。

しかし、今回、インターネット販売の準備をしている中で、
真剣に「表示」について考えるようになった。


もともと、「聞かれれば答える」というスタンスであったが、
予め、きちんと「表示」されているかどうかは、
「ごく一部の人」にかもしれないが、その「ごく一部の人」にはとても重要で、
それは、お客様の安心・安全につながる。

「安心・安全」は、ベルコルノのモットーとするところだ。



当店のお客様の中に、お子様が「卵・乳製品」にアレルギーをお持ちの方がいらっしゃる。
以前、たまたま僕がお話させて頂いたきっかけで、ご贔屓にして頂き、
その方には、「卵・乳製品抜き」のメニューをお渡しし、
「この中の物は全て安心ですので、お好きなものをお選び下さい」としている。

予め「抜き」のメニューをお渡しするのは、ご自分の中でオーダーを決められた後で、
その料理から「卵・乳製品は抜けない」、と分かった時に残念な思いをして頂きたくないからだ。

そのお客様は、ご家族のバースデーのお祝いを事前にご予約を頂戴するので、
特別に「卵・乳製品抜き」のデザートもご用意させて頂いている。


これは、「海」をイメージした、青いジュレ(ゼリー)と、
「サンゴ礁」をイメージした、ブラッドオレンジのグラニテ(シャーベット)。
「島」をイメージした、フルーツ。

 ・・・の南国風盛り合わせ、バースデースペシャル。

  ↓ ↓




実は、うちの娘(1歳半)も、卵アレルギー。


本人の気持ちがわかる、とは言えない。
でも、程度の差こそあれ、家族にアレルギーの方を持つ気持ちは、よくわかるつもりだ。


出来る限りの対応をさせていただきたいと思っていますので、
アレルギーの件でご相談の際は、一度お電話下さい。

「該当アレルギー物質完全ナシ」のイタリア料理、、、
お力になれることもあるかもしれませんので・・・。



                                ( 店長 : 伊藤 ) 
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:41 | category: 素材 |
# スポンサーサイト
| - | - | 08:41 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links