愛知県一宮市に、2009年1月にオープンしたイタリア料理店「BELCORNO(ベルコルノ)」。
2011年4月、装いも新たにリニューアルオープンし、ますますパワーアップ。
そんなベルコルノの、お客様をおもてなしする舞台裏の日常を綴るブログです。


本格ナポリピッツァとパスタの、イタリア料理 BELCORNO(ベルコルノ)
愛知県一宮市住吉2−9−2
Tel : 0586-52-3567 Open : 11:00〜23:00
 無休(年末年始等除く)
 E-mail : info@belcorno.jp
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< パンナコッタ 〜 ことの始まり 〜 | main | パンナコッタ 〜 増えるバリエーション 〜 >>
# パンナコッタ 〜 オリジナルパンナコッタ 〜
 

しばらくして。


秋口くらいから、店名を冠した 「ベルコルノランチ」 をスタートさせた。


前菜からドルチェまで、全て 「月替わり」 の、
季節感を全面に出したランチコースにするつもりだった。


そこから半年くらいは、今まで作ってきたドルチェのレシピストックを使い回した。

でも、ベルコルノランチのドルチェは 3種盛り合わせ。



半年間でも、3×6=18 種類 のドルチェを使う。


レシピストック自体は、まだあったんだけど、
「今までの使い回しもどうだかなぁ・・・」と思っていた頃。


ふと、ヨーグルトのパンナコッタを思い出した。


「あぁ ・・・ パンナコッタなら、フレーバー変えて作れば、色々バリエーション出せそう ・・・。」



早速、ヨーグルトのパンナコッタに、クラッシュしたパイナップルと、ラム酒を入れて、


「パイナップルのパンナコッタ 〜 ピニャコラーダ風 〜」 を作った。




「ピニャコラーダ」は、ラム・ココナッツミルク・パイナップルジュースを使った、
「パイナップル畑」という意味を持つカクテルの名前。
 ( 「パイナップルピューレ」とか「パイナップルの茂る岬」の意味だという説もある 。)


元・バーテンダーの僕らしいレシピやなぁ、と、自分では思った。



僕のフレーバー・パンナコッタ作りが始まった。



                                        ( 店長 伊藤 )
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:18 | category: ドルチェ |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:18 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://belcorno.jugem.jp/trackback/101
トラックバック
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links