愛知県一宮市に、2009年1月にオープンしたイタリア料理店「BELCORNO(ベルコルノ)」。
2011年4月、装いも新たにリニューアルオープンし、ますますパワーアップ。
そんなベルコルノの、お客様をおもてなしする舞台裏の日常を綴るブログです。


本格ナポリピッツァとパスタの、イタリア料理 BELCORNO(ベルコルノ)
愛知県一宮市住吉2−9−2
Tel : 0586-52-3567 Open : 11:00〜23:00
 無休(年末年始等除く)
 E-mail : info@belcorno.jp
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ルーの違い? いえいえ・・。
 今日のまかない。


「魚介入り、グリーンカレーのリゾット」(写真なし)。

グリーンカレーて、初めて作りました。。。

ルーの違いかと思ってたんですが、根本的に違うんですね。


グリーンカレーは、そもそも 「カレーではない」 そうで

・・・タイの汁物の一種だそうな。


僕らイタリアンの業界で言うところの、「ジェノヴェーゼ・ペースト」みたいな、
ハーブ・スパイスのペーストをベースにして作ります。

緑なのは、青唐辛子の色。


で、味は・・・辛っ ・・・でも、我ながらウマっ(笑。

地元では「カレー番長」として通っているという アルバイトの「うっちー」から、

「このメニューは普通に食べたいです。お金取れます。」

とのお墨付きを戴けました


・・・でもうち、イタリアンだしなぁ・・・いくらリゾットとはいえ・・・メニューに載せるのは・・・
・・・うーん。どうしよう・・・。

・・・てことで、「裏メニュー」 ですかね

言うて頂けたら、材料があったら作りますよ

ただし時間のある人限定です


(伊藤)




| comments(0) | trackbacks(0) | 00:57 | category: 料理 |
# 秋の味覚メニュー
お盆を過ぎると、秋という感じになってきます。。。僕の中では(笑)。


「秋の味覚」というと、皆さんは何を想像されますか???


僕はやっぱり、「サンマ」です

「秋刀魚」ってくらいですもんね!

 
以前、これまた僕の好きな魚のひとつ、「イワシ」を使ったパスタを
メニューで出してたのですが・・・

お客様の反応、いま一つ・・・

「え〜っ、イワシ〜っ」 ってカンジで・・・。

イタリア料理では、イワシ、定番なんですが・・・、
(シチリアやサルディーニャの名物料理です)

どうしても「青魚」というだけで、抵抗があるんでしょうか・・・。
匂いに抵抗があるということなのか・・・
それとも、安っぽい大衆魚のイメージが強いのか・・・


今回、同じ「青魚」ということで、 同じくウケが悪いのかもしれませんが・・・

それでも!!!


リベンジしたいと思ってます。


「サンマのパスタ!」  


今週末までには、メニューに載せるつもりです!


とびきり新鮮な上等のものを、市場で仕入れて、
「レストランの一品」として、丁寧に作るつもりです。。。

是非、食べてみて下さい・・・ 美味しいですよ



                       ( 店長 伊藤 )
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:38 | category: 料理 |
# 僕らのまかない。
てことで、 今日は、僕らのまかないを紹介します。。。
(昨日は、中学生のまなかいを紹介したので・・・)


基本、僕らスタッフのまかないは、1日2回。

ランチ終わりの3〜4時くらいと、ディナー終わりの22時くらいです。


食べてる内容は・・・

8割パスタ! 1.5割がご飯。 0.5割がピザくらいの比率でしょうか・・・。


パスタやピザの内容は、その時の気分次第ですが、

基本的に 「まかない」 は、調理技術向上の為の練習であったり、
新メニュー考案の実験的な要素であったりします。
(原則として「安いもの」ですが・・・)

実際、まかないから生まれるメニューって、結構多いです。

「あ・・・この組み合わせ、結構イケる」っってのを見つけて、
それをベースにブラッシュアップして商品化する感じです。



ご飯は、完全に、僕の趣味です。

個人的に、ご飯が食べたくなる時があるので、
皆の意見も聞かずに、勝手に炊きます。

ご飯の時は、そんな高尚な理由はありません。
食いたいから食うだけです(笑)。

この写真は、メンチカツを使った、「ロコモコ丼」風のご飯もの





こんな感じで、結構イロイロやってます。

ちなみに、今日の昼ごはんは、
「自家製 豚バラのパンチェッタとゴーヤーの沖縄風 スパゲティ」でした

バイトのクニシマくんの、「僕、ゴーヤー初めて食べました!」が
ちょっと楽しかったです(笑)。


                    ( 店長  : 伊藤 )


| comments(0) | trackbacks(0) | 00:29 | category: 料理 |
# キビナゴのエスカベッシェ


少し旬からは外れますが、たまたまキビナゴが入ったので、
エスカベッシェにしました。

エスカベッシェ(escabeche) : 揚げた素材を、酢漬けにする料理


いわゆる「南蛮漬け」ですね

特に素材が魚の場合は、カルピオーネ (carpione) なんて言い方もあります。



 ← まずこいつに塩を振って・・・


 小麦粉をまぶして揚げます。


ちなみに、キビナゴは、魚の中でもトップクラスのDHA (ドコサヘキサエン酸) 含有量!
カルシウムやEPA (エイコサペンタエン酸)も豊富で、健康にはバッチリ!
(簡単に言うと、血をキレイにしてくれるので、動脈硬化や心臓病を防いだりしてくれます)

 揚げながら、別鍋でマリナート(漬け汁)を準備。

まず、軽く塩を振った香味野菜をじっくり炒めて、水分、砂糖、塩、酢の順で加えていきます。。。


目分量ですが(笑)、僕のイメージでは、だいたい

油 : 水分 : 酢 = 1 : 3 : 1     ・・・を 目安に 仕上げます。 


それぞれ、具体的には


油    =  オリーブオイル、 サラダ油、 ヒマワリオイル など
水分  =   水、ワイン、野菜のブロード(出汁)、鶏のブロード、魚のブロード など
酢    =  ワインビネガー、レモン汁、リンゴ酢 など


・・・の組み合わせや配合を、素材に合わせて変えるカンジです。
これに、香味野菜は何か? 香辛料やハーブを加えるかどうか? 
で更に味は変わってきます。

酸味が飛んでしまうので、酢を入れたらグラグラ沸かすのではなく、一煮立ち程度で火を止めます。

 フライとマリナートが出来たら、合わせて 寝かせ(冷まし)ます。


ポイントは、 ベースになる素材の下味は、しっかりと。
        マリナートも、しっかりと「甘み」「酸味」をバランスよく感じられるように
          仕上げること。
        揚げ上がった「熱い素材」に、「熱いマリナート」を合わせること。
          (冷めていく過程で、味がしみ込んでいくので)

の3つでしょうか。


上手く出来たら、マリナートの甘味と酸味で支えられて、素材の旨みがよりハッキリと
際立つような、美味しい料理になります



                                         ( 店長 : 伊藤 )


| comments(0) | trackbacks(0) | 23:15 | category: 料理 |
# 新メニュー、パニーニプレート!



今日は定休日。

こんな良い天気の日は、一歳になったばかりの娘を連れて、
午後はお花見にでも行こうかな〜



春になると、何かしら新しいこと始めたくなりません?(笑。

そんなワケで?新メニューが登場。しました

「パニーニプレート」 です!


「パニーニ」は、言ってしまえばイタリア版サンドイッチ。


イタリアだと、普通にファーストフードとして街角で売ってます。

なんかそのへんの新聞紙とかに適当にくるんで
「ほい」って感じで手渡されるんですケド、


またコレが旨い!!!

フィレンツェの市場で食べる、
トリッパ(牛の胃袋)の煮込みを挟んだパニーニなんか
幸せ一杯  のお味です。

・・・実は僕、それまでは内臓系苦手だったんですけどね〜(笑。



ベルコルノのパニーニは、

自家製のフォカッチャ(パン)でお作りしています。

元々、ランチのパスタセットでもお出していたフォカッチャなのですが、

最近は
フォカッチャのテイクアウト販売
ありがたいことに、ちょくちょくご注文が。


で、そのパニーニがコチラ  ↓


 パニーニプレート


パニーニに、フレッシュサラダを合わせて 1プレートに

さらにドリンクをつけて ・・・680円デス 。
ランチタイム中は、+200円でドルチェをセットに。


GWの行楽前には、パニーニのテイクアウトも始めるつもりですので、
是非お弁当代わりにお持ち帰りください!


とりあえず、しばらくの間・・・、平日限定メニューです。

                          
                                 店長 伊藤 


| comments(0) | trackbacks(0) | 12:03 | category: 料理 |
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links